ブログ記事を早く書く方法

こんにちは、みいちゃんです。

アフィリエイトをしていく上で、ブログを作成することが第一歩だということはわかっていると思います。でも、そのブログも記事を書いていかないと、アクセスが集まってきませんよね。

でも、その記事もある程度のボリュームが必要になってきます。よく言われるのがひとつの記事の文字数の目安は1000文字だと言われています。この1000文字は、400字詰めの原稿用紙だと2枚半。文章を書くことに慣れていないと、ちょっと大変だと感じる文字数ですよね。

ちょっとでも簡単にブログの記事を書いていきたい。そう思うことありませんか?

実はある方法を使えば、簡単に記事を作成することができるんです。 スマホで検索するとき、音声で検索することありませんか?

それと同じことを記事を作成するときにもやってしまおうというのです。
そんなことできるはずない。そう思いました?
でも、今はパソコンでも音声入力で記事を作成することができるんです。実はこの記事もそうやって音声入力で作成しています。

句読点とか改行はキーボードで入力する必要がありますが、漢字の変換などが自動で行ってくれるので、記事の作成がかなり簡単になっています。

音声入力のソフトは有料のものと無料のものがありますか、最初は無料のものから始めて役に立つと思ったら有料のものを導入するようにしても問題ないと思います。
というより、無料のソフトでも十分にブログの下書き程度なら役に立ちます。
今もほとんど修正することなくここまで記事を書いています。こうやって音声で記事を作成できればタイピングで苦労する必要もなくなるのではないでしょうか。

文章を書くときどうしても堅苦しくなって読みづらい。そんな悩みも話し言葉で書いていける音声入力なら、解消できます。確かに不満点もあります。それでも無料でここまでできるというのは導入の検討に十分値するのではないでしょうか。

キーボードのタイピングに慣れている人の場合は、音声入力に抵抗があると思います。実際、私もキーボードでの入力の方が早いのではないかと思っていました。でも、音声入力でも文章入力のスピードはかなりのものだと思います。

ここまでで、約1000文字入力しています。時間にして15分ほどでしょうか。キーボードでの入力とほとんど時間的に変わりはありません。 キーボードの入力で記事の作成に 悩むのなら、音声入力にチャレンジするのはいいのではないでしょうか。

ただ、やはり不満な点があることも事実です。次は音声入力での注意点、不満点など書いていきたいと思います。

“ブログ記事を早く書く方法” への2件のフィードバック

  1. アキモト より:

    アキモトといいます。
    ランキングからきました。
    音声入力ですか・・・ いい方法ですね。
    僕もアフィリエイトをしていて、パソコンを入力する事が比較的得意なのですが、最近、腱鞘炎になってしまい、早く入力する事が出来なくなってしまったので、是非試してみたいと思います。
    また、よらせていただきます。
    応援して帰ります。

    • みいちゃん より:

      アキモトさん、おはようございます!
      コメントもありがとうございます!

      腱鞘炎になっているんですか?
      あれはこじらせると大変ですよね!
      私も経験あるので、わかります。

      なんですよね。パソコンに慣れている方は音声入力に頼らなくてもタイピング早い方が多いですが、スピード重視したい場合も多いですよね。

      応援、ありがとうございます!
      またお越しくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です