自己ブランディングってどうすればいいの?

こんにちは、みいちゃんです。

先日、定期的にお邪魔している色彩カウンセラーの方のところでカラーボトルのレッスンを受けてきました。
とってもキレイな色の10本のボトルを選んでいくことで、今の自分のことや心理状態などが分かるんですよ。

 

 

で、話していく中で今の私の心理状態というか状況にピッタリあっていることで驚いてしまったというのは内緒です。

それはそうと、情報発信していく上で大事なことって何かわかりますか?

 

発信しようと思っている情報のことを知っていること。

 

そんな声が聞えてきますよね。たしかにそれも大事なことです。自分が発信しようと追っている情報のことを何も知らないというのは本末転倒なことですしね。

 

でも、それと同じくらいかそれよりももっと大事なことがあります。
ちょっと考えてみてもらえますか?

↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓

え、何かわからない?
簡単なことなんですよ。
もうちょっと考えてみましょうか。

↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓

今度はわかりましたか?
はい、自己ブランディングということです。

要は自分自身に価値をつけましょうということですね。

 

ほら、あなたが情報を探しているとします。その時に、『その道の大家』という人と『ただの素人』の二人がその情報の異なる答えを発信していたとします。

 

 

その時に、どちらの言葉を信じますか?

 

 

この場合、『素人』が正解であり『大家』が間違っている(そのようなことはまずないと思いますが)場合でも、あなたは『大家』と呼ばれる人の発信した情報を信じますよね。

自己ブランディングということはそれをしていきましょうということです。

 

でも、自分に価値をつけるといっても、まだアフィリエイトでなんの実績も出せていない。ネットでは月収100万とか教材の売り上げ点数、○○本とかいう凄い話があふれていますものね。

となると、自分にはそんなものがないから価値をつけることができない。
そんなこと思ってしまうんじゃないでしょうか。

でも、ちょっと考えてみてくださいね。

何も売上額とか、成約件数とかだけが自分の価値じゃないですよね。たしかにそれらは数字として出ているので誰の目にもはっきりと認識させることができます。
とはいえ、誰もがそのようなものを求めているとは限りませんよね。

困ったときに親身になって助けてくれた。
ブログにつけたコメントやメールの返信が早くて丁寧。
質問したことには一生懸命こたえてくれる。

そんなことでも価値というものはつくれると思いませんか?
そして、そのようなことで自己ブランディングをしようと思えば、今すぐにでもできることですよね。

つまり、自己ブランディングって思ったほど難しくないっていうことなんです。
自分の魅力っていうものをしっかりと作り上げていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です